忍者ブログ

キオクの格納庫

   
先日のこなそん、オンラインの方では4人で揃いのはっぴ姿を見られたみたいですね。ゴースカも順調のようで、よかった。私はオンライン非会員なので見られるものは少ないけど、もうすぐ来る会報をたのしみにしています。でもなぜか到着がめちゃくちゃ遅いんだよなーいつも。涙
そういえば、というか結構気にしているエレカシさんの方の会報のアナウンス、まだないよなあ。

さて宣言通り、今回は5月までのロク漫オンエアリストを一気載せ。あと曲に絡めた自分の語りなども少し...。ラジオの感想じゃなくてなに自分の話書いてるんだろうって思ったけど...でも考えてみて、漫遊しながら思い出したり想いを熱くしたり、この番組はそういう聴き方で間違っていないのでは、と思ったのでそのまま書いておきます。とはいえ自己満記事ですみませぬ~。

第15回(4/15)「シンガロングで漫遊記」
M1 : 子グマ!子グマ! /スピッツ
M2 : WE WILL ROCK YOU /QUEEN
M3 : IF THE KIDS ARE UNITED /SHAM69
M4 : IDLE GOSSIP/TOY DOLLS
M5 : WE'RE NOT GONNA TAKE IT/TWISTED SISTER
M6 : DRUNKEN LULLABIES/FLOGGING MOLLY
M7 : Sólo le pido a Dios(ただ神に祈る事は) /LEON GIECO
“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 天井裏から愛を込めて/アンジー

第16回(4/22)「素敵なイントロで漫遊記」
M1 : シロクマ/スピッツ
M2 : BABA O'RILEY/THE WHO
M3 : APPLAUD THE WINNER/TANTRUM
M4 : PUSH/THE CURE
M5 : JOLLY ROGERS/THE WILLARD
M6 : BALLROOM BLITZ/THE SWEET
M7 : THIS MAGNIFICIENT BIRD WILL RISE / DEERHOOF
“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : S.O.S/ハイハニDX

マサムネがイントロ作るの苦手なこと、知らなかった(もしくは忘れてた)。むしろ素敵なイントロたくさんあるしね。私が初めて行ったスピッツのライブはとげまリーナだったんですが、1曲目の聞かせてよ、美しかったなあ。それからフェスティバリーナの1曲目の夜を駆ける、鳥肌立ちました。

第17回(4/29)「ユーライアヒープで漫遊記」
M1 : 群青/スピッツ
M2 : JULY MORNING/URIAH HEEP
M3 : LOOK AT YOURSELF/URIAH HEEP
M4 : THE WIZARD/URIAH HEEP
M5 : COME AWAY MELINDA/URIAH HEEP
M6 : TOO SCARED TO RUN/URIAH HEEP
M7 : I CAN SEE YOU/URIAH HEEP
“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : この森へ←/チエ・カジウラ

第18回(5/6)「憂鬱な時こそ暗くて美しい曲で漫遊記」
M1 : ガーベラ/スピッツ
M2 : センチメンタル/Syrup 16g
M3 : 小さなリンジー/田中茉裕
M4 : 貴方が好きな私/阿部真央
M5 : サルビアの花/もとまろ
M6 : AUTRE TEMPS/ALCEST
M7 : ひかりのふるさと/青葉市子
“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : ボーイズ&ガールズ/ザ・ヒューズ

第19回(5/13)「MUSIC LIFE1969年4月号で漫遊記」
M1 : スパイダー/スピッツ
M2 : THOSE WERE THE DAYS/MARY HOPKIN
M3 : キサナドゥの伝説/DAVE DEE GROUP
M4 : HURDY GURDY MAN/DONOVAN
M5 : IN-A-GADDA-DA VIDA/IRON BUTTERFLY
M6 : あなたのとりこ/SYLVIE VARTAN
M7 : RACE WITH THE DEVIL/THE GUN
“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 京都/ピロカルピン

SYLVIE VARTANのあなたのとりこ、小学生のときにおもしろくて見ていた「可愛いだけじゃダメかしら」のオープニング曲で(音無可憐さんも好きでした)、その後中2になった時にこの曲や天才てれびくんでカバーしていた曲やら耳なじみのある洋楽のオムニバスアルバムが出ることをCMで見かけて、これは買おう!と思って買ってよく聞いていました。CDは引っ越してもずっと持ってきてたんだけど、これを機にやっとiTunesに入れました。
好きなミュージシャン目当てで買った音楽雑誌はスクラップせずそのままとってあるので(ゆえに結構増えてきてて置き場所がピンチ!)私も何十年後かに見返すのがたのしみです。買ってあった雑誌に好きになったバンドが載ってた!っていうことがあるかもしれないしね。(実際エレカシで経験済み)

第20回(5/20)「ロックな昭和アニソンで漫遊記」
M1 : 日曜日/スピッツ
M2 : マッハバロン/すぎうらよしひろ
M3 : ルパン三世 その2/チャーリー・コーセー
M4 : はじめ人間ギャートルズ/ザ・ギャートルズ
M5 : ファイトだ!!ピュー太/フォアジェッツ
M6 : ハクション大魔王の歌/嶋崎由理
M7 : さすらいの太陽/スリーグレイセス
M8 : きこえるかしら/大和田りつこ
M9 : ミクロイドS/ヤング・スターズ
M10 : レオのうた/弘田三枝子
M11 : 正義の使者だぜ ドテラマン/こおろぎ‘73
“ちょっぴりタイムマシーン”
M12 : KILL ME STOP/カスケード

あっし~もとに~♪ルパン三世 その2、私が小学生のとき見ていた再放送はTV第2シリーズの赤いジャケットのルパンだったから知らなかったけど、2015年に突然ルパンにドハマりしたときにサントラをiTunesに入れて聞いていたのでわかった。なんであの年だけあんなにハマってたんだろうな...笑。炎のたからものは今も大好きです。

第21回(5/27)「産業ロックで漫遊記」
M1 : 正しい街/the ウラシマ’S
M2 : ANY WAY YOU WANT IT/JOURNEY
M3 : HEAT OF THE MOMENT/ASIA
M4 : WORKING FOR THE WEEKEND(それ行け!ウイークエンド)/LOVERBOY
M5 : IN YOUR LETTER(涙のレター)/REO SPEEDWAGON
M6 : PEOPLE OF THE SOUTH WIND/KANSAS
M7 : 99/TOTO
“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : Y・M・J・S/Sepa
ライブ参加で中断していましたが2ヶ月ぶりに再開、しようとおもったら某動画サイトでももう最近のオンエアしか聞けなくなってた...そりゃそうですね。なんとか第13回までは文字起こし(非公開)も終わっていたのですが、もう聞けないし大変だから文字起こしは辞めることにして笑、でもオンエアリストと感想だけはこれからも書いておきたいとおもいます。ゴースカの参加が最終日でネタバレ避けまくっているから、スピッツの話ブログで全然出来てないしね。ロク漫あってよかったよ~。

【オンエアリスト】
第12回(3/25)「クセになるおもしろソングで漫遊記」
M1 : ヒバリのこころ/スピッツ
M2 : ふな ふな ふなっしー♪/ふなっしー
M3 : 半斤八両/サミュエル・ホイ
M4 : YAMASUKI/YAMASUKISINGERS
M5 : O・TO・GA・MEはーと/激しぶBOYS
M6 : どこへ行くの/川崎幸子・敏子
M7 :目をつむってモンキーダンス/平尾昌晃
M8 : 値上げ/高田渡

“ちょっぴりタイムマシーン”
M9 : ニュー・モーニング/カーネーション



第13回(4/1)「タンタンタコタコで漫遊記」
M1 : 愛のしるし/スピッツ
M2 : BE MY BABY/VANESSA PARADIS
M3 : THE DIFFERENCE/THE WALLFLOWERS
M4 : LISTEN,LEARN,READ ON/DEEP PURPLE
M5 : まんをじして/奥田民生
M6 : ROCK THE NATION/MONTROSE
M7 :BYE/L⇔R

“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 涙の理由/BE MODERN



第14回(4/8)「70年代日本のロックで漫遊記」
M1 : ビギナー/スピッツ
M2 : わかってもらえるさ/RCサクセション
M3 : 踊ろよベイビー/遠藤賢司
M4 : 香り /外道
M5 : 夕飯は御仕舞/葡萄畑
M6 : スウィート・ホーム大阪/ファニー・カンパニー
M7 : ON WINGS OF LOVE/紫

“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : シトラス/アドバンテージ・ルーシー
マサムネがすんごいかわいいやつ。やっと貼れた。笑

第12回は、新しい環境になる方も多い春、クラス替えでは緊張で吐きそうになっていたという自身の経験から、いろいろ日常の細々を忘れてたのしんでいただこうということで「クセになるおもしろソングで漫遊記」というテーマ選択。やさしい。そして彼の音楽の引き出しの多さに改めて感服いたしました。YAMASUKI、謎すぎる笑。「ガラクタ」の“やること忘れて”が「ふな ふな ふなっしー♪」の空耳から来ていたという裏のエピソードが聞けてよかったです。そうだったのねー。

第13回では冒頭のトークで夢の競演の話をしてくれました。
「そしてえースピッツの、話になりますけれども、おーちょっと前3月にはですね、えーエレファントカシマシの、30周年イベントに、出させていただきました。ね、えー来て下さったみなさんにはほんとにありがとうございます。ね、あのこの、ライブイベントは、あーMr.Childrenと、おーエレファントカシマシ、そしてえースピッツと、3バンドで、えーやったんすけども、というかまぁ、ミスチルとスピッツが、エレカシをお祝いするような形なのかな。まほんとにでもすごいたのしくって、えーうちらの出番はトップバッターだったので、まあのー、2バンドゆっくり見れたのもよかったですねいろいろほんと勉強させていただきました。でねやっぱエレカシーやっぱすごいなー!(感情こめて)というね。あの空間の支配力というか、宮本さんはほんと、若い。ね、えー、で、あのーすごく余韻が、あーずっとあって、そのあとね、あのープロデューサーの亀田さんの仕切りで、あの椎名林檎さんのトリビュート、アルバムに浦島’sというバンドで参加さしてもらうんですけどもそのレコーディングがありまして、えーそこで、Mr.Childrenの、ジェンとまた会って、エレカシ、ライブの余韻で盛り上がったりも、しましたけれども。ほんとに、ありがとうございました。」
私も余韻どころかあの格好良さが忘れられずそのままエレカシのファンになるというね笑、本当に素敵なイベントに参加できて心からよかったとおもっています。ありがとうございました。

さて漫遊テーマ。タンタンタコタコ、頭打ち、またひとつ勉強しました。
私は民生さんの曲で1曲すごく前から知っている曲があって、それが2002年に放送された慎吾が主演で三谷幸喜さん脚本の生ドラマ「HR」の主題歌だったのですが、タイトルはすっかり忘れてしまっていたんですよね。だから流れた瞬間、HRの曲だー!!ってかなり興奮していました笑。もうめっちゃくちゃ久しぶりに聞いたよー。「まんをじして」ね、「まんをじして」。おぼえました。(あ、この流れだと「HR」ってハードロックっぽいけど、ホームルームですw定時制の学校のお話。憶えている方いらっしゃるでしょうか。生だったから慎吾大変だったとおもうけど、おもしろくて大好きだったなあ。)

中盤のトーク、マサムネは応援うちわアリなのはちょっと意外。「あのー、お客さん全員がね、俺のうちわ持ってたらちょっとひいちゃうかもですけども、全員じゃなければ全然、アリだとおもいますよ。」とのことですが。嫌がると思っていたから、驚いた。ロックバンドのライブでうちわはねえだろう、という私の頭が固いのか。とはいえ、さすがに持ってくる人はいなさそうだけど笑。うちわは胸の高さでね(後の人が見えなくなる)。それから、シンガロングの音楽の一体感とか、たくさんの人の腕が上がっている会場の光景は私もいいなとおもうんだけど(やりたくないときはやらないし)、隣の人と手つなぐのは絶対にやりたくない笑。好きなバンドでやりだしたら今後を考えるな笑。捻くれててすみません。

第14回はね、もう聞ける術がないのでなにも憶えてない...。

というわけで、第15回からは今に追いつくまでとりあえずオンエアリストだけでもさくさくっと残していきたいとおもいます!
もう一度聴くためにネットの力を借りているのだけど、10回の途中まで文字起こしをして数日放置していたら、その数日にどうやら9,10,11だけ削除されてしまった模様。OH...。悠長にやってる場合じゃないなと思い知らされました。そんなわけで10回の途中からと11回は文字で残しておけなかったけど、エレカシの話までは終わっていたのでよかった!

【オンエアリスト】
第9回(3/4)「アコギサウンドリクエストで漫遊記」
M1 : 春の歌/ スピッツ
M2 : BLACKBIRD/ THE BEATLES
M3 : バンドワゴン/ くるり
M4 : HO HEY/ THE LUMINEERS
M5 : ゆらゆら/ YeYe
M6 : QUEEN BITCH/ DAVID BOWIE※マサムネセレクト
M7 : WOND'RING ALOUD/ JETHRO TULL※マサムネセレクト

“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : クロ/ 遊佐未森

M9 : 醒めない/ スピッツ



第10回(3/11)「同世代現役ロックバンドで漫遊記」
M1 : 1987→/ スピッツ
M2 : 優しい川/ エレファントカシマシ
M3 : 虹の彼方へ/ Mr.Children
M4 : おーい!!/ ウルフルズ
M5 : だけど一人じゃいられない/ JUN SKY WALKER(S)
M6 : ビューティフルドリーマー/ フラワーカンパニーズ
M7 : CHARMLESS MAN/ Blur

“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 月とSNAPSHOTS/ 鈴木祥子

M9 : 醒めない/ スピッツ



第11回(3/18)「今、気になる邦楽リクエストで漫遊記」
M1 : Holiday/ スピッツ
M2 : キルミー/ Sunny Car Wash
M3 : ベイビーイッツオールライト/ Layne
M4 : Lies,lies,lies あの娘は嘘つき/ SHOTGUN RUNNERS
M5 : きみの春になれたら/ プププランド
M6 : Ghana/ D.A.N
M7 : 檸檬/ Burnout Syndromes
M8 : いってみよう/ 馬喰町バンド

“ちょっぴりタイムマシーン”
M9 : 欲しいのはおまえだけ/ BOW WOW




9,10はマサムネが風邪っぴきで、しゃべって大丈夫なのか!?っていうかすれた声をしていたので心配しながら聴いてましたが、まあ、あんまり過保護になるのもキモいなと思うのでね、無理と思ったら休んでください。それか周りが止めてくれ!
夢の競演のときはすっかり良くなっていてよかったです。

第9回「アコギサウンドリクエストで漫遊記」。
今でこそボーカルがアコギを弾きながら歌うバンドはむしろ主流だけど(いつか吉井さんが、ハンドマイクで右往左往なんて古いのかな、なんてぼやいていたこともあったっけ)、彼らがアマチュアの時代はそういうバンドはほとんどいなかったんですね。そういう話は聞いた(読んだ)ことがあった気がするけど、マサムネがハンドマイクからアコギに持ち替えたのはデヴィッド・ボウイの影響があったことは知らなかったかも。
「デヴィッド・ボウイの映画、ジギースターダストのころの映画を観たことを思い出して、そういえばデヴィッド・ボウイ、アコギ持っててかっこよかったなっていう、アコギを、弾きながらなんかこう、バンドの、ボーカリストが、歌うっていうのそのころあんまりねえ、いなかったんすよ。だから、意外とこう個性出せるかもっていう気も、して、で、デヴィッド・ボウイの曲ぅはね、エレキのパワーコードと、同時にアコギがジャカジャカ鳴ってるような曲が何曲もあって、それがかっこいいなとおもってたんすよね。」
そんな曲の中でも特に、エレキとアコギの融合がかっこいいなという曲をということで「QUEEN BITCH」を。うん、この曲すき。
名だたるバンドに影響を与えたデヴィッド・ボウイの偉大さを改めて思いました。
エレキとアコギと言えば、ライブでマサムネが持ったのがエレキかアコギかで次の曲を予想するのが楽しかったりね。

あ、そうそう「スピッツメンバーで漫遊記」の回からちょっぴりタイムマシーンのコーナー紹介で拍手をするのが定番化していますね笑。

第10回は「同世代現役ロックバンドで漫遊記」。
「スピッツと同世代の現役バンドの名曲を、尊敬と愛を込めて、オンエアしていきます。」ということで、最初の曲はエレカシの「優しい川」をセレクト。
「えーそもそも、彼らを知ったきっかけというのがですね、えーアマチュア時代スピッツの、んなんかそのころはまだライブの後にぃ、お客さんとだべったり、してた時代だったんですけどもぉ、そんなスピッツのお客さんの、中の一人が、マサムネさんはもっとね?さらけ出さないと、ダメなんじゃないかと。なんか泉谷しげるさんとか、エレファントカシマシの宮本さんみたいに、っていうような、話をされたん、ですよ。でそんとき俺まだエレカシ知らなくってぇ、でどうせメジャーで、やってるような、気取ったバンドだろぐらいにおもってたん、ですけどもぉ、まそのころはほら、インディーズロック、こそが、いちばんかっこいいぐらいな、気持ちだったんで。んで、えー入手してこのセカンドアルバムから聴いたんですけどもぉ、ほんとにぶっとんで、即正座ですね。はいっ。最初はあのライブもほんとに衝撃的でぇ、当時は客電もつきっぱなしで、なんかお客さんは、着座の、まま聴けみたいな。ずっと怒られてるような、感じだったんですけどもぉ(笑)、それを求めてお客さんが集まるみたいなね。激辛ラーメン食ってるような状態で、ねまた食いたくなる激辛ラーメンみたいな感じだったんすね。でその後ね、あのーどんどん、続けて、ね紆余曲折が、エレカシも、あったと思うんですけどもぉ、最近あのポップな曲ぅであってもぉ、なんか結構無茶なメロディーラインだったりぃ、熱量は全然変わってねぇなっていう、ところほんとに尊敬してますね」
オンエアは夢の競演の1週間前、このときもへー!と思いながら聴いていましたが、夢の競演後すっかりエレカシに落ちた今改めて聴くと、好きな人が好きな人を語るって、なんだかもううれしくってにやけてしまうね。激辛ラーメン、なるほど笑。「ポップな曲であっても結構無茶なメロディーライン」というのを聞いて、サカナクションの一郎さんがスピッツの曲を「ポップじゃないんだけどポップっていう絶妙なバランス感覚がある」と仰っていたのを思い出しました。→スピッツの影響力(この記事アクセスがすごく多い!)
私はどちらかといえばロックでもポップなロックを好む傾向にはあると思うのだけど、ポップ過ぎるのは違うなーと思ったりするのですよね。スピッツ、吉井和哉、エレカシに私が好む共通項があるとすれば、ポップだけどポップじゃない絶妙さなのではと思います。

私の記憶が正しければ、最後の方でまだまだいる他の同世代バンドを挙げていて、その中に「イエローモンキーとか」と言っていたんですよね!マサムネがセレクトするイエローモンキーの曲、なんだろう、ぜひ第2弾をお願いしたいところ。

第11回の「今、気になる邦楽リクエストで漫遊記」は、夢の競演の帰り道に電車に乗りながら聴いたな~。もう一度聴き直せなくなってしまったのでどんなこと話してたのかもうほとんど憶えてないけど、影響を受けすぎてしまうから聴けないと言っていたのはどの曲だったっけ...。
ロク漫リスナーが寄せる邦楽リクエストをマサムネがセレクトするだけあって、路線が王道でなくておもしろかったです。

さて今夜は「ロックな昭和アニソンで漫遊記」。この漫遊テーマも毎度いい感じに遊んでていいんですよね笑。今夜も聴きますよー!
やっとメンバー登場回のオンエアリストまとめ&感想です。いつのだよ!2月だよ!
裏でコソコソと文字起こしをしてから感想を書くという自分ルールに基づいているわけなのですが、4人の会話を聞き取って文字にするのはいつもよりさらに骨の折れる作業でして、つい先延ばしにしてしまって早1ヶ月...追いつくどころかさらに増えているという(おーい)。途中でマスターピースという言葉が出てきて休憩!とかいってエレカシのアルバム「MASTERPIECE」を聞き始めちゃったりね、全く集中力が続かず終わらないかとおもいましたが笑、このGWに終わらせるという目標は達成できました。自分との戦いに勝ったぜ。おめでとう自分。こっからはピッチを上げて6月までには必ず追いついてみせるよ!とまあそんなどうでもいい前置きはこの辺で。

【オンエアリスト】
第7回(2/18)「スピッツメンバーと漫遊記」
M1 : スカーレット/ スピッツ

「お題:ロック大陸初上陸のころの曲」
(テッちゃん)
M2 : THE HELLION/ JUDAS PRIEST
M3 : ELECTRIC EYE/ JUDAS PRIEST
(リダ)
M4 : PURGATORY / IRON MAIDEN
(﨑ちゃん)
M5 : あせかきベソかきROCK'N ROLL RUN/ 横浜銀蝿

M6 : ふっかつのじゅもん/ sumika

「お題:最近よく聴く、気になる曲」
(テッちゃん)
M7 : YOU/ NUNO
(リダ)
M8 : NO YOUNG/ フラワーカンパニーズ
(﨑ちゃん)
M9 : ALONE/ BAND-MAID

「“ちょっぴりタイムマシーン”」
M10 : HONEY DRIPPER/ アン ルイス



第8回(2/25)「スピッツメンバーと漫遊記パート2」
M1 : ハイファイ・ローファイ/ スピッツ

「お題:これこそロック、俺のマスターピース」
(テッちゃん)
M2 : STAND UP & SHOUT/ DIO
(リダ)
M3 : THE SPIRIT OF RADIO/ RUSH
(﨑ちゃん)
M4 : LOUDNESS/ LOUDNESS

「お題:ライブでやってみたい、カバーしてみたい曲」
(テッちゃん)
M5 : LONESOME IN A CROWD/ THE GROOVERS
(リダ)
M6 : CUM ON FEEL THE NOIZE/ QUIET RIOT
(﨑ちゃん)
M7 : ロマンスがありあまる/ ゲスの極み乙女。

「“ちょっぴりタイムマシーン”」
M8 : LADY REIKO/ ブリザード



私はオンラインの方は入っていないので、メンバー同士の会話を聴くのってライブのMCで年に数回聴くくらいと意外と少ないのですよね。スピッツのメンバー間のこの空気感は本当に聴いてるこちらも心地よいというか。音と一緒だね。音楽に表れているんだよなきっと。これがグルーヴというやつなのでしょうか。
テッちゃんは声を張ると高いけど、低音ボイスは非常にええ声をしていますね。惚れるー。それからマサムネの笑い声ってとてもきれいだなって。たまに笑い声が下品で引いてしまう人とかいるけど、彼は大笑いしても澄んでいるというか。これも歌声と同じだね。マサムネの笑い声、好きです。

もう二ヶ月前なのでどんな曲だったかすっかり忘れてしまったのだけど笑、そうかここで一度sumikaの「ふっかつのじゅもん」かけていたんだね。この前好きだなーって自分でブログにMV貼って何度か聴いてるうちに、最近気がつくと頭の中で繰り返し流れていて、病みつきになるメロディーですねこれは。あとフラカンの話で「「ハイエース」っていう良い曲がある」と言っていたのが気になっていたので、今更ながら聴いてみたのですが。

【フラワーカンパニーズ「ハイエース」】

GW前半の日・月で旅に出たとき、星を眺めながら聴いて、いい曲...としみじみ。
バンドマンと、バンドが好きな人も、胸がぎゅっとなる歌。

あー、結局私は日本語の歌に行ってしまうんだなー。「言葉」も好きなんだよね、決して文学とかが得意というわけではないのだけど。本をそんなに読むわけでもないし、ブログで日本語間違って使ってて穴があったら入りたいことが頻繁にあるし笑。でも、メロディーに乗った言葉を聴くのが好きなんですよね。日本語のロックが私は好きです。テッちゃんが THE GROOVERSをとてもリスペクトしているのが伝わってきたし、 いい曲だーと思ったので「LONESOME IN A CROWD」ぜひスピッツで聴いてみたい。

メタルはあんまり興味が...だけど、相方氏の車でBRAHMAN聴いているうちにハードコアには慣れてきたのか、マサムネのヘビロテ曲「初期衝動」、私も病みつきになってきた笑。なんでもないときに突然「ジャジャッジャッジャッ、衝!動!」と言い合うのが我々の間で最近流行ってる遊びです。(ふざけたことばっかしている大人)

おかしいな、全員50歳なのに少年のような会話で、そのまま大人になった感じがとてもいい。男の人の、ミュージシャンのこういうところ、とても好きだし、ちょっぴりうらやましい。
そしてこの方達の前ではもう私などロックが好きどころか音楽好きですと言うのも恐れ多いです笑。
また近いうちに、今度はここからスピッツになるっていう選曲での漫遊記が聴けること、たのしみに待ってますよー!
  
Profile
100312_0316_01
name:トコ
スピッツと同い年(1987→)

音楽が好きな人の日常ブログ。
特にスピッツ、吉井和哉、エレファントカシマシを愛聴しています。SMAPは永遠。
10 2018/11 12
S M T W T F S
2
4 5 7
11 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
クリック募金
クリックで救える命がある。
拍手ボタン

メッセージ欄つき。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村。
Archive
Search
Blog内の検索時に
歴代Blog
*君を好きになって☆
('08.4~'10.3)
*リズムdiary
('10.3~'13.1)
横浜サンセット2013
当BlogのQRコード
Thanks
LIVE
【2005】

9/19 SMAP
SMAPとイク?SMAP SAMPLE TOUR FOR 62DAYS. ナゴヤドーム

【2006】

8/31 SMAP
Pop Up! SMAP -飛びます!トビだす!とびスマ?TOUR- ナゴヤドーム

【2008】

11/27 SMAP
s.m.a.p 2008 super.modern.artistic.performance tour ナゴヤドーム

【2009】

8/8 B'z
SUMMER SONIC 2009 東京

【2010】

2/17 B'z
B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Msgic” ナゴヤドーム

2/20 B'z
B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Msgic” ナゴヤドーム

5/22 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.13 日本ガイシホール

8/21 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2010~enⅡ~ 静岡エコパアリーナ

8/28 SMAP
We are SMAP!2010 SMAP CONCERT TOUR ナゴヤドーム

10/27 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2010~enⅡ~ 日本ガイシホール

10/28 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2010~enⅡ~ 日本ガイシホール

【2011】

6/2 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.14 中京大学市民文化会館オーロラホール

6/26 スピッツ
SPITZ Jamboree Tour 2011 “とげまリーナ” 日本ガイシホール

7/14 スピッツ
SPITZ Jamboree Tour 2011 “とげまリーナ” 大阪城ホール

9/4 SMAP
SMAPファンミーティング2011 名古屋国際会議場センチュリーホール 第2部

9/10 スピッツ
ロックロックこんにちは!ver.15 ANNIVERSARY 怪人 十五少年反抗機

9/23 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- サンドーム福井

9/24 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- サンドーム福井

10/16 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 朱鷺メッセ

10/23 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 広島グリーンアリーナ

11/6 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- さいたまスーパーアリーナ

11/26 aiko
aiko Live Tour LOVE LIKE ROCK vol.5 Zepp Nagoya

12/10 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- ナゴヤドーム

12/11 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- ナゴヤドーム

12/18 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 京セラドーム

12/24 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 東京ドーム

12/25 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 東京ドーム

【2012】

5/22 スピッツ
GO!GO!スカンジナビアVol.5 名古屋ダイアモンドホール

7/15 吉井和哉
YOSHI ODEN Zepp Nagoya

8/9 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.15 名古屋国際会議場センチュリーホール

8/19 吉井和哉
SUMMER SONIC 2012 大阪

9/15 SMAP
GIFT of SMAP CONCERT'2012 ナゴヤドーム

11/11 草なぎ剛
ぼくに炎の戦車を 赤坂ACTシアター

11/25 吉井和哉
.HEARTS TOUR 2012 名古屋国際会議場センチュリーホール

12/16 吉井和哉
.HEARTS TOUR 2012 サンポートホール高松

12/22 吉井和哉
.HEARTS TOUR 2012 大阪城ホール

12/28 吉井和哉
YOSHI BEANS 日本武道館

【2013】

3/17 吉井和哉
TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA 土岐市文化プラザサンホール

4/6 草なぎ剛
二都物語 東急シアターオーブ

5/6 吉井和哉
TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA 一宮市民会館

5/18 吉井和哉
TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA 福島あづま総合体育館
ライブビューイング イオンシネマ大高

8/29 B'z
B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER- ナゴヤドーム

9/6 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.16.5 大阪城ホール

9/14 スピッツ
横浜サンセット 赤レンガ広場

【2014】

4/30 スピッツ
JAMBOREE TOUR “小さな生き物” Zepp Nagoya

6/20 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2014 ~en-ball~ 品川ステラボール
ライブビューイング イオンシネマ大高

7/2 スピッツ
SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA” 日本ガイシホール

7/3 スピッツ
SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA” 日本ガイシホール

11/6 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.17.5 日本ガイシホール

11/9 SMAP
Mr.S "saikou de saikou no CONCERT TOUR" ナゴヤドーム

【2015】

4/26 スピッツ&吉井和哉
ARABAKI ROCK FEST.15 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

6/14 吉井和哉
YOSHII KAZUYA STAR LIGHT TOUR 2015 名古屋国際会議場センチュリーホール

6/15 スピッツ
GO!GO!スカンジナビアVol.6 Zepp Nagoya

7/2 吉井和哉
YOSHII KAZUYA STAR LIGHT TOUR 2015 大阪フェスティバルホール

12/25 吉井和哉
KAZUYA YOSHII BEGINNING & THE END Zepp Nagoya

12/28 吉井和哉
KAZUYA YOSHII BEGINNING & THE END 日本武道館

【2016】

2/11 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE2016 ~enⅢ~ 日本ガイシホール

4/3 吉井和哉
ROOTS66 -Naughty 50- 大阪城ホール

5/7 斉藤和義
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 “風の果てまで” 名古屋国際会議場センチュリーホール

6/29 THE YELLOW MONKEY THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 日本ガイシホール

7/9 スピッツ
ロックロックこんにちは!20th Anniversary Special〜R² need U,I need U〜 大阪城ホール

8/21 THE YELLOW MONKY SUMMER SONIC 2016 東京

9/20 スピッツ
SPITZ JAMBOREE TOUR 2016“醒めない” 名古屋国際会議場センチュリーホール

9/21 スピッツ
SPITZ JAMBOREE TOUR 2016“醒めない” 名古屋国際会議場センチュリーホール

11/13 TRICERATOPS
TRICERATOPS ACOUSTIC LIVE TOUR 2016 名古屋ダイアモンドホール

11/28 スピッツ
SPITZ JAMBOREE TOUR 2016“醒めない” 長良川国際会議場

12/28 THE YELLOW MONKY
メカラ ウロコ・27 日本武道館
ライブビューイング 109シネマズ名古

【2017】

7/1 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 静岡エコパアリーナ

7/5 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 大阪城ホール

7/12 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 日本ガイシホール

7/13 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 日本ガイシホール

8/12 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” さぬき市野外音楽広場テアトロン

8/24 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 横浜アリーナ

9/15 Jamiroquai
日本武道館

10/1 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)

11/30 スピッツ
ロックロックこんにちは!Ver.21 〜EXPO2017〜 Zepp Namba

12/10 THE YELLOW MONKEY
THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017 東京ドーム

【2018】

3/18 スピッツ
エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY TOUR “THE FIGHTING MAN” SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!!~夢の競演~ さいたまスーパーアリーナ

4/19 草なぎ剛
バリーターク KAAT神奈川芸術劇場

6/12 吉井和哉
Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let’s Go Oh! Honey- 福岡サンパレス

6/14 吉井和哉
Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let’s Go Oh! Honey- 大阪フェスティバルホール

6/16 吉井和哉
Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let’s Go Oh! Honey-会員制 Zepp Osaka Bayside

6/23 エレファントカシマシ
日比谷野外大音楽堂 2018
外聴き

6/30 吉井和哉
Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let’s Go Oh! Honey- 名古屋・日本特殊陶業市民会館

7/5 エレファントカシマシ
エレファントカシマシ TOUR 2018 “WAKE UP!!” Zepp Tokyo

9/8 B'z
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 豊田スタジアム

10/27 スピッツ
GO!GO!スカンジナビアVol.7 Zepp Nagoya
Copyright ©  -- リズムhearts* --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR