忍者ブログ

キオクの格納庫

   
もう一度聴くためにネットの力を借りているのだけど、10回の途中まで文字起こしをして数日放置していたら、その数日にどうやら9,10,11だけ削除されてしまった模様。OH...。悠長にやってる場合じゃないなと思い知らされました。そんなわけで10回の途中からと11回は文字で残しておけなかったけど、エレカシの話までは終わっていたのでよかった!

【オンエアリスト】
第9回(3/4)「アコギサウンドリクエストで漫遊記」
M1 : 春の歌/ SPITZ
M2 : BLACKBIRD/ THE BEATLES
M3 : バンドワゴン/ くるり
M4 : HO HEY/ THE LUMINEERS
M5 : ゆらゆら/ YeYe
M6 : QUEEN BITCH/ DAVID BOWIE※マサムネセレクト
M7 : WOND'RING ALOUD/ JETHRO TULL※マサムネセレクト

“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : クロ/ 遊佐未森

M9 : 醒めない/ SPITZ



第10回(3/11)「同世代現役ロックバンドで漫遊記」
M1 : 1987→/ SPITZ
M2 : 優しい川/ エレファントカシマシ
M3 : 虹の彼方へ/ Mr.Children
M4 : おーい!!/ ウルフルズ
M5 : だけど一人じゃいられない/ JUN SKY WALKER(S)
M6 : ビューティフルドリーマー/ フラワーカンパニーズ
M7 : CHARMLESS MAN/ Blur

“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 月とSNAPSHOTS/ 鈴木祥子

M9 : 醒めない/ SPITZ



第11回(3/18)「今、気になる邦楽リクエストで漫遊記」
M1 : Holiday/ SPITZ
M2 : キルミー/ Sunny Car Wash
M3 : ベイビーイッツオールライト/ Layne
M4 : Lies,lies,lies あの娘は嘘つき/ SHOTGUN RUNNERS
M5 : きみの春になれたら/ プププランド
M6 : Ghana/ D.A.N
M7 : 檸檬/ Burnout Syndromes
M8 : いってみよう/ 馬喰町バンド

“ちょっぴりタイムマシーン”
M9 : 欲しいのはおまえだけ/ BOW WOW




9,10はマサムネが風邪っぴきで、しゃべって大丈夫なのか!?っていうかすれた声をしていたので心配しながら聴いてましたが、まあ、あんまり過保護になるのもキモいなと思うのでね、無理と思ったら休んでください。それか周りが止めてくれ!
夢の競演のときはすっかり良くなっていてよかったです。

第9回「アコギサウンドリクエストで漫遊記」。
今でこそボーカルがアコギを弾きながら歌うバンドはむしろ主流だけど(いつか吉井さんが、ハンドマイクで右往左往なんて古いのかな、なんてぼやいていたこともあったっけ)、彼らがアマチュアの時代はそういうバンドはほとんどいなかったんですね。そういう話は聞いた(読んだ)ことがあった気がするけど、マサムネがハンドマイクからアコギに持ち替えたのはデヴィッド・ボウイの影響があったことは知らなかったかも。
「デヴィッド・ボウイの映画、ジギースターダストのころの映画を観たことを思い出して、そういえばデヴィッド・ボウイ、アコギ持っててかっこよかったなっていう、アコギを、弾きながらなんかこう、バンドの、ボーカリストが、歌うっていうのそのころあんまりねえ、いなかったんすよ。だから、意外とこう個性出せるかもっていう気も、して、で、デヴィッド・ボウイの曲ぅはね、エレキのパワーコードと、同時にアコギがジャカジャカ鳴ってるような曲が何曲もあって、それがかっこいいなとおもってたんすよね。」
そんな曲の中でも特に、エレキとアコギの融合がかっこいいなという曲をということで「QUEEN BITCH」を。うん、この曲すき。
名だたるバンドに影響を与えたデヴィッド・ボウイの偉大さを改めて思いました。
エレキとアコギと言えば、ライブでマサムネが持ったのがエレキかアコギかで次の曲を予想するのが楽しかったりね。

あ、そうそう「スピッツメンバーで漫遊記」の回からちょっぴりタイムマシーンのコーナー紹介で拍手をするのが定番化していますね笑。

第10回は「同世代現役ロックバンドで漫遊記」。
「スピッツと同世代の現役バンドの名曲を、尊敬と愛を込めて、オンエアしていきます。」ということで、最初の曲はエレカシの「優しい川」をセレクト。
「えーそもそも、彼らを知ったきっかけというのがですね、えーアマチュア時代スピッツの、んなんかそのころはまだライブの後にぃ、お客さんとだべったり、してた時代だったんですけどもぉ、そんなスピッツのお客さんの、中の一人が、マサムネさんはもっとね?さらけ出さないと、ダメなんじゃないかと。なんか泉谷しげるさんとか、エレファントカシマシの宮本さんみたいに、っていうような、話をされたん、ですよ。でそんとき俺まだエレカシ知らなくってぇ、でどうせメジャーで、やってるような、気取ったバンドだろぐらいにおもってたん、ですけどもぉ、まそのころはほら、インディーズロック、こそが、いちばんかっこいいぐらいな、気持ちだったんで。んで、えー入手してこのセカンドアルバムから聴いたんですけどもぉ、ほんとにぶっとんで、即正座ですね。はいっ。最初はあのライブもほんとに衝撃的でぇ、当時は客電もつきっぱなしで、なんかお客さんは、着座の、まま聴けみたいな。ずっと怒られてるような、感じだったんですけどもぉ(笑)、それを求めてお客さんが集まるみたいなね。激辛ラーメン食ってるような状態で、ねまた食いたくなる激辛ラーメンみたいな感じだったんすね。でその後ね、あのーどんどん、続けて、ね紆余曲折が、エレカシも、あったと思うんですけどもぉ、最近あのポップな曲ぅであってもぉ、なんか結構無茶なメロディーラインだったりぃ、熱量は全然変わってねぇなっていう、ところほんとに尊敬してますね」
オンエアは夢の競演の1週間前、このときもへー!と思いながら聴いていましたが、夢の競演後すっかりエレカシに落ちた今改めて聴くと、好きな人が好きな人を語るって、なんだかもううれしくってにやけてしまうね。激辛ラーメン、なるほど笑。「ポップな曲であっても結構無茶なメロディーライン」というのを聞いて、サカナクションの一郎さんがスピッツの曲を「ポップじゃないんだけどポップっていう絶妙なバランス感覚がある」と仰っていたのを思い出しました。→スピッツの影響力(この記事アクセスがすごく多い!)
私はどちらかといえばロックでもポップなロックを好む傾向にはあると思うのだけど、ポップ過ぎるのは違うなーと思ったりするのですよね。スピッツ、吉井和哉、エレカシに私が好む共通項があるとすれば、ポップだけどポップじゃない絶妙さなのではと思います。

私の記憶が正しければ、最後の方でまだまだいる他の同世代バンドを挙げていて、その中に「イエローモンキーとか」と言っていたんですよね!マサムネがセレクトするイエローモンキーの曲、なんだろう、ぜひ第2弾をお願いしたいところ。

第11回の「今、気になる邦楽リクエストで漫遊記」は、夢の競演の帰り道に電車に乗りながら聴いたな~。もう一度聴き直せなくなってしまったのでどんなこと話してたのかもうほとんど憶えてないけど、影響を受けすぎてしまうから聴けないと言っていたのはどの曲だったっけ...。
ロク漫リスナーが寄せる邦楽リクエストをマサムネがセレクトするだけあって、路線が王道でなくておもしろかったです。

さて今夜は「ロックな昭和アニソンで漫遊記」。この漫遊テーマも毎度いい感じに遊んでていいんですよね笑。今夜も聴きますよー!
やっとメンバー登場回のオンエアリストまとめ&感想です。いつのだよ!2月だよ!
裏でコソコソと文字起こしをしてから感想を書くという自分ルールに基づいているわけなのですが、4人の会話を聞き取って文字にするのはいつもよりさらに骨の折れる作業でして、つい先延ばしにしてしまって早1ヶ月...追いつくどころかさらに増えているという(おーい)。途中でマスターピースという言葉が出てきて休憩!とかいってエレカシのアルバム「MASTERPIECE」を聞き始めちゃったりね、全く集中力が続かず終わらないかとおもいましたが笑、このGWに終わらせるという目標は達成できました。自分との戦いに勝ったぜ。おめでとう自分。こっからはピッチを上げて6月までには必ず追いついてみせるよ!とまあそんなどうでもいい前置きはこの辺で。

【オンエアリスト】
第7回(2/18)「スピッツメンバーと漫遊記」
M1 : スカーレット/ SPITZ

「お題:ロック大陸初上陸のころの曲」
(テッちゃん)
M2 : THE HELLION/ JUDAS PRIEST
M3 : ELECTRIC EYE/ JUDAS PRIEST
(リダ)
M4 : PURGATORY / IRON MAIDEN
(﨑ちゃん)
M5 : あせかきベソかきROCK'N ROLL RUN/ 横浜銀蝿

M6 : ふっかつのじゅもん/ sumika

「お題:最近よく聴く、気になる曲」
(テッちゃん)
M7 : YOU/ NUNO
(リダ)
M8 : NO YOUNG/ フラワーカンパニーズ
(﨑ちゃん)
M9 : ALONE/ BAND-MAID

「“ちょっぴりタイムマシーン”」
M10 : HONEY DRIPPER/ アン ルイス



第8回(2/25)「スピッツメンバーと漫遊記パート2」
M1 : ハイファイ・ローファイ/ SPITZ

「お題:これこそロック、俺のマスターピース」
(テッちゃん)
M2 : STAND UP & SHOUT/ DIO
(リダ)
M3 : THE SPIRIT OF RADIO/ RUSH
(﨑ちゃん)
M4 : LOUDNESS/ LOUDNESS

「お題:ライブでやってみたい、カバーしてみたい曲」
(テッちゃん)
M5 : LONESOME IN A CROWD/ THE GROOVERS
(リダ)
M6 : CUM ON FEEL THE NOIZE/ QUIET RIOT
(﨑ちゃん)
M7 : ロマンスがありあまる/ ゲスの極み乙女。

「“ちょっぴりタイムマシーン”」
M8 : LADY REIKO/ ブリザード



私はオンラインの方は入っていないので、メンバー同士の会話を聴くのってライブのMCで年に数回聴くくらいと意外と少ないのですよね。スピッツのメンバー間のこの空気感は本当に聴いてるこちらも心地よいというか。音と一緒だね。音楽に表れているんだよなきっと。これがグルーヴというやつなのでしょうか。
テッちゃんは声を張ると高いけど、低音ボイスは非常にええ声をしていますね。惚れるー。それからマサムネの笑い声ってとてもきれいだなって。たまに笑い声が下品で引いてしまう人とかいるけど、彼は大笑いしても澄んでいるというか。これも歌声と同じだね。マサムネの笑い声、好きです。

もう二ヶ月前なのでどんな曲だったかすっかり忘れてしまったのだけど笑、そうかここで一度sumikaの「ふっかつのじゅもん」かけていたんだね。この前好きだなーって自分でブログにMV貼って何度か聴いてるうちに、最近気がつくと頭の中で繰り返し流れていて、病みつきになるメロディーですねこれは。あとフラカンの話で「「ハイエース」っていう良い曲がある」と言っていたのが気になっていたので、今更ながら聴いてみたのですが。

【フラワーカンパニーズ「ハイエース」】

GW前半の日・月で旅に出たとき、星を眺めながら聴いて、いい曲...としみじみ。
バンドマンと、バンドが好きな人も、胸がぎゅっとなる歌。

あー、結局私は日本語の歌に行ってしまうんだなー。「言葉」も好きなんだよね、決して文学とかが得意というわけではないのだけど。本をそんなに読むわけでもないし、ブログで日本語間違って使ってて穴があったら入りたいことが頻繁にあるし笑。でも、メロディーに乗った言葉を聴くのが好きなんですよね。日本語のロックが私は好きです。テッちゃんが THE GROOVERSをとてもリスペクトしているのが伝わってきたし、 いい曲だーと思ったので「LONESOME IN A CROWD」ぜひスピッツで聴いてみたい。

メタルはあんまり興味が...だけど、相方氏の車でBRAHMAN聴いているうちにハードコアには慣れてきたのか、マサムネのヘビロテ曲「初期衝動」、私も病みつきになってきた笑。なんでもないときに突然「ジャジャッジャッジャッ、衝!動!」と言い合うのが我々の間で最近流行ってる遊びです。(ふざけたことばっかしている大人)

おかしいな、全員50歳なのに少年のような会話で、そのまま大人になった感じがとてもいい。男の人の、ミュージシャンのこういうところ、とても好きだし、ちょっぴりうらやましい。
そしてこの方達の前ではもう私などロックが好きどころか音楽好きですと言うのも恐れ多いです笑。
また近いうちに、今度はここからスピッツになるっていう選曲での漫遊記が聴けること、たのしみに待ってますよー!
えー今さらながら第4回から6回のオンエアリストまとめ&感想です。笑
結局、公開は出来ないけど文字起こしをせずにいられなくて、それが終わってから感想を書く、という自分ルールに基づくとなかなか感想まで辿り着かないというね。この放送の時期は特に体調が悪くてパソコンに長時間向かうことが出来なかったのもあって、余計遅れをとってしまいました。
6月までには追いつくことを目標に続けて行きたいとおもいます!
なぜ自分でしか見ないものを1回分約2時間(!?)かけてまで書き起こして感想まで書くのか、もはやじぶんでもわからない。答えがあるとしたら、それは、愛?

【オンエアリスト】
第4回(1/28)「よく聞く、あるいは気になる邦楽ナンバーで漫遊記」
M1 : インディゴ地平線/ SPITZ
M2 : はじまりの国/ PEOPLE IN THE BOX
M3 : 初期衝動/ BRAHMAN
M4 : GOLD/ AWESOME CITY CLUB
M5 : AMAZING PARADE/ CZECHO NO REPUBLIC
M6 : 血清/ パノラマメロウ
M7 : MERRY GO ROUND IN RAINY DAYS/ NYAI

コーナー“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 新しい風/ 陣内大蔵

M9 : 醒めない/ SPITZ

※ほんと今気づいたけど前の感想記事、“ちょこっとタイムマシーン”って書いてました!!笑
訂正しました。



第5回(2/4)「残響が気持ちよい曲で漫遊記」
M1 : みなと/ SPITZ
M2 : THE DRUGS DON’T WORK/ THE VERVE
M3 : REAL ANIMAL/ THE HOUSE OF LOVE
M4 : CAN’T BE SURE/ THE SUNDAYS
M5 : 空洞です/ ゆらゆら帝国
M6 : SUMMER OF ’69/ BRYAN ADAMS
M7 : I DON’T KNOW WHAT IT IS/ RUFUS WAINWRIGHT

コーナー“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 夕なぎ/ NAV KATZE



第6回(2/11)「そのメロディー、よぉ作ったなぁ、な美メロで漫遊記」
M1 : 魔女旅に出る/ SPITZ
M2 : HONESTY/ BILLY JOEL
M3 : PRETTY BALLERINA/ THE LEFT BANKE
M4 : LOVE ME , PLEASE LOVE ME(愛の願い) / MICHEL POLNAREFF
M5 : LEAVE A LIGHT ON/ BELINDA CARLISLE
M6 : LOVE LETTER BOXES/ THE POSIES
M7 : YES-YES-YES/ オフコース

コーナー“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : 積木の汽車/ SHEEN




第4回「よく聞く、あるいは気になる邦楽ナンバーで漫遊記」では、マサムネも自分のiTunesの再生回数を見ていることがわかって“そんなにこの曲聞いたっけ?っていうのが上の方にいたりしてそれも新たな自分発見になったりする”っていうのに共感~!憧れのミュージシャンも同じことをしていることになんだか安心したり笑。でも邦楽も聞くのは知っていたけど、常に上位にいるのも邦楽なのはちょっと意外だったかな~。 PEOPLE IN THE BOXの「はじまりの国」、 BRAHMANの「初期衝動」、でんぱ組.inc「桜あっぱれーション」が上位ということでしたが、でんぱ組をなぜか電撃ネットワークと勘違いしていた私は女の子のアイドルグループの曲だったことに余計驚きました笑。

【でんぱ組.inc「桜あっぱれーション」】

【BRAHMAN「初期衝動」】

BRAHMANとのギャップの激しさよ。

吉井さんも欅坂46の「サイレントマジョリティ」にハマっていたのでロッカーがアイドルの曲を聞くこと自体にはそこまで驚きはないけど、好みの傾向は余計わからなくなった気が笑。でもいい音楽にジャンルは関係ないよね。「桜あっぱれーション」は“遊園地みたいな曲”と形容していました。
どうでもいい話ですが最近相方氏がBRAHMANにちょっとハマっていて、地上波でアンコール放送のあったThe CoversのBRAHMANの回の録画を私が消してしまったことをしつこく残念がられています笑。しばらくとっておいたのにそのときは無反応だったからよぉ(T-T)でも私もなんでとっておかなかったんだろうと今はおもいます。。

第5回、「リバーブ」と「ディレイ」、勉強になりました。ご本人も仰ってましたが、スピッツは残響よく使ってますよね~。例えば私の大好きな「ありふれた人生」は夢の中にいるような浮遊感、「魚」「さらさら」は水の中にいるような浮遊感があって、あれが本当に心地良い。あれはマサムネの声、スピッツの音に残響というエッセンスを絶妙に加えるからこそ作り出せる、誰にも真似出来ない世界だと思っています。
あ、最後のあいさつがちょっと変わったのはこの回からでしたね。「さようなら」はそっけないというかちょっとさみしかった笑。お友達さんグッジョブ。

第6回、CDショップのレコメンドで美メロと書いてあっても美メロだと思ったことがない、というのが天邪鬼なマサムネっぽくて好きだ笑。「そのメロディー、よぉ作ったな゛ぁ」っていう言い方がおもしろかった。
上下動が激しいと美メロに感じるとのことでしたが、上下動は考えたことなかったな~。でも最近私が落ちていっているエレカシのメロディーは上下動が激しい!風に吹かれては本当に美しいメロディーだなあとPiano ver.を聞いては涙が出そうになる。自分の話をしてしまった。
「なんで、俺が作らなかったんだろうって悔しい思いをすることが多い」と話す彼は、作る側の人なんだなあと感じました。

それにしても、クージー本を読んだときもそうだったけど、プロのミュージシャンだから当たり前なんだけど、口から出てくるバンドの名前とかメンバーの名前の数が半端じゃないなと笑。一体どれだけ頭に入っているんだろう。
素敵な曲に出会えたとき、この曲に会えずに人生終えてたらもったいなかった!!って本気で思ったりします。私も彼らと同じようにとはいかないけど、これからもたくさんの素敵な曲との出会いの機会を与えてくれるこの番組がたのしみです。
体調を崩していて全然書けておらず、もういいかなと思ったりもしたのですが、やっぱりせっかく初回から聞いているので、備忘録を兼ねてオンエアリストとちょこっと感想を残しておきたいと思います。

【オンエアリスト】
第1回(1/7)「ロック大陸に上陸したころ、1979年頃にハマった曲」
M1 : MY SHARONA / THE KNACK
M2 : DON'T LOOK BACK / BOSTON
M3 : WAY OF THE WORLD / CHEAP TRICK
M4 : CAN THE CAN / SUZI QUATRO
M5 : 孤独のメッセージ(MESSAGE IN A BOTTLE) / THE POLICE
M6 : 奇しい絆(THE UNCONVENTIONAL) / JAPAN
M7 : STRUTTER'78 / KISS
M8 : BREAKFAST IN AMERICA / SUPERTRAMP
M9 : 醒めない / SPITZ



第2回(1/14)「ここ最近のヘビロテ曲」
M1 : 歌ウサギ/ SPITZ
M2 : SUPERSTAR/ アンドリュー・ロイド・ウェバー
M3 : THE LIVING END/ JUDEE SILL
M4 : DUST/ FLEETWOOD MAC
M5 : サースティ/ 吉田ヨウヘイgroup
M6 : YOU STOLE MY HEART/ RANDY CALIFORNIA
M7 : N.E.O/ CHAI

コーナー“ちょっぴりタイムマシーン”
M8 : DREAMTIME/ SOON



第3回(1/21)「ギター初心者のころを振り返って漫遊記」
M1 : みそか/ SPITZ
M2 : LIVING AFTER MIDNIGHT/ JUDAS PRIEST
M3 : PARANOID/ BLACK SABBATH
M4 : HEARTBREAKER/ LED ZEPPELIN
M5 : SHINY DAY/ EARTHSHAKER
M6 : SPARKLE/ 山下達郎

コーナー“ちょっぴりタイムマシーン”
M7 : DREAMY DREAMER/ LU-NA



今のところ、私は録音できない代わりに非公開記事で文字起こしも残しているのですが(公開すると著作権法違反になっちゃうので)、3回目は初回にくらべてだいぶしゃべりがほぐれてきた感じで^^「俺」とか「なんすけど」とか、いつものマサムネになってきたなーと。1回目は堅かったね笑。それがまたかわいかったですけど。
初回は聞いた2時間後に胃腸風邪でたいっへんなことになってしまったので、聞いたときのことはきっといつまでも忘れないだろうな~笑。

私が今までしてきたロック大陸の旅は狭い範囲をうろちょろしてるだけなのでわかんないことの方が多いけど、さすがに10年ロックバンドのミュージシャンの話を聞いていると名前だけは知っているというバンドも多く、初回に流してくれたバンドやブラックサバス、レッドツェッペリンなんて名前はめっちゃよく聞くから有名なのは知ってる!でもほとんどの場合が誌面で読むだけなので、なかなか聞くまでに至らないため曲を知らない...という状態だったので、話と共に一緒に流してくれるっていうのはすごくいい!!です。THE POLICEの「見つめていたい」好きなので、今度孤独のメッセージも入ってるベストiTunesに入れようかな。前スマスマにスティング来たんだよねー。すごい。相方氏にポリスは持ってないのかと尋ねると、スティングの声が苦手なのだとか。残念。
3回目の山下達郎さんを選んだのが流れ的にも最初意外でしたが、理由を聞いてみるとギター教室の課題曲だったということで、そういう話いいね!しかも実演つきっていう!“ZO-3”3回目でまた登場してくれてよかった笑。ZO-3じゃなかったと思うけど、私も昔付き合ってた人から内蔵エレキ借りて教則本買って練習してみたことがあったな(同僚の影響で買っただけの彼は続かなかったためほぼ私のものにしていたという)。別れて返さなきゃいけなかったから弾けるようにはならなかったけど笑。
色きゃわいー!

不意に歌った歌がうまいとそのたびにうまっ!!と思ってしまうね。そんなの知ってるはずなのに笑。スピッツ以外の曲だと特にね。
それにしてもメッセージ山のように届いてよかったよかった。私もたのしみにしてます!的なハガキ送ってみました。リクエストがねー、自分のエピソード弱いなあって感じなので採用はされないと思うけど笑、送るのが大事なのでね。また何か送らせていただこうと思います。
あのお母さんが昔よく聞いてた曲だったって、かっこいいお母さんだねー!「そいう時代なんですね、もうねぇ。自分も、ねぇ50ですので。がんばりますよ。」というマサムネの声が全然50歳の声じゃない。50歳になったら急にしゃがれたりするってこともないと思うけど笑、声若いよねー不思議だよねー。

さて、今夜は第4回目!マサムネの「よく聞く気になる邦楽ナンバー」、たのしみにしておりますー♬
  
Profile*
100312_0316_01
name:トコ
スピッツと同い年(1987→)

音楽が好きな人の日常。
なんやかんやで、たぶん、ファンブログなのでしょう。

*SMAP(剛担)
*スピッツ
*吉井和哉
*2018年、夢の競演がきっかけでエレファントカシマシ
04 2018/05 06
S M T W T F S
3
6 8 9 12
13 16 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
I love SMAP*
私も助けていただいています
どうか届きますように
クリック募金*
クリックで救える命がある。
喜びの素*

メッセージ欄つき。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村。
Archive*
Search*
Blog内の検索時に
歴代Blog*
*君を好きになって☆
('08.4~'10.3)
*リズムdiary
('10.3~'13.1)
横浜サンセット2013*
当BlogのQRコード
Thanks*
LIVE*
【2005】

9/19 SMAP
SMAPとイク?SMAP SAMPLE TOUR FOR 62DAYS. ナゴヤドーム

【2006】

8/31 SMAP
Pop Up! SMAP -飛びます!トビだす!とびスマ?TOUR- ナゴヤドーム

【2008】

11/27 SMAP
s.m.a.p 2008 super.modern.artistic.performance tour ナゴヤドーム

【2009】

8/8 B'z
SUMMER SONIC 2009 東京

【2010】

2/17 B'z
B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Msgic” ナゴヤドーム

2/20 B'z
B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Msgic” ナゴヤドーム

5/22 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.13 日本ガイシホール

8/21 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2010~enⅡ~ 静岡エコパアリーナ

8/28 SMAP
We are SMAP!2010 SMAP CONCERT TOUR ナゴヤドーム

10/27 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2010~enⅡ~ 日本ガイシホール

10/28 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2010~enⅡ~ 日本ガイシホール

【2011】

6/2 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.14 中京大学市民文化会館オーロラホール

6/26 スピッツ
SPITZ Jamboree Tour 2011 “とげまリーナ” 日本ガイシホール

7/14 スピッツ
SPITZ Jamboree Tour 2011 “とげまリーナ” 大阪城ホール

9/4 SMAP
SMAPファンミーティング2011 名古屋国際会議場センチュリーホール 第2部

9/10 スピッツ
ロックロックこんにちは!ver.15 ANNIVERSARY 怪人 十五少年反抗機

9/23 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- サンドーム福井

9/24 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- サンドーム福井

10/16 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 朱鷺メッセ

10/23 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 広島グリーンアリーナ

11/6 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- さいたまスーパーアリーナ

11/26 aiko
aiko Live Tour LOVE LIKE ROCK vol.5 Zepp Nagoya

12/10 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- ナゴヤドーム

12/11 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- ナゴヤドーム

12/18 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 京セラドーム

12/24 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 東京ドーム

12/25 B'z
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 東京ドーム

【2012】

5/22 スピッツ
GO!GO!スカンジナビアVol.5 名古屋ダイアモンドホール

7/15 吉井和哉
YOSHI ODEN Zepp Nagoya

8/9 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.15 名古屋国際会議場センチュリーホール

8/19 吉井和哉
SUMMER SONIC 2012 大阪

9/15 SMAP
GIFT of SMAP CONCERT'2012 ナゴヤドーム

11/11 草なぎ剛
ぼくに炎の戦車を 赤坂ACTシアター

11/25 吉井和哉
.HEARTS TOUR 2012 名古屋国際会議場センチュリーホール

12/16 吉井和哉
.HEARTS TOUR 2012 サンポートホール高松

12/22 吉井和哉
.HEARTS TOUR 2012 大阪城ホール

12/28 吉井和哉
YOSHI BEANS 日本武道館

【2013】

3/17 吉井和哉
TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA 土岐市文化プラザサンホール

4/6 草なぎ剛
二都物語 東急シアターオーブ

5/6 吉井和哉
TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA 一宮市民会館

5/18 吉井和哉
TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA 福島あづま総合体育館
ライブビューイング イオンシネマ大高

8/29 B'z
B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER- ナゴヤドーム

9/6 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.16.5 大阪城ホール

9/14 スピッツ
横浜サンセット 赤レンガ広場

【2014】

4/30 スピッツ
JAMBOREE TOUR “小さな生き物” Zepp Nagoya

6/20 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE 2014 ~en-ball~ 品川ステラボール
ライブビューイング イオンシネマ大高

7/2 スピッツ
SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA” 日本ガイシホール

7/3 スピッツ
SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA” 日本ガイシホール

11/6 aiko
aiko LIVE TOUR LOVE LIKE POP vol.17.5 日本ガイシホール

11/9 SMAP
Mr.S "saikou de saikou no CONCERT TOUR" ナゴヤドーム

【2015】

4/26 スピッツ&吉井和哉
ARABAKI ROCK FEST.15 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

6/14 吉井和哉
YOSHII KAZUYA STAR LIGHT TOUR 2015 名古屋国際会議場センチュリーホール

6/15 スピッツ
GO!GO!スカンジナビアVol.6 Zepp Nagoya

7/2 吉井和哉
YOSHII KAZUYA STAR LIGHT TOUR 2015 大阪フェスティバルホール

12/25 吉井和哉
KAZUYA YOSHII BEGINNING & THE END Zepp Nagoya

12/28 吉井和哉
KAZUYA YOSHII BEGINNING & THE END 日本武道館

【2016】

2/11 稲葉浩志
Koshi Inaba LIVE2016 ~enⅢ~ 日本ガイシホール

4/3 吉井和哉
ROOTS66 -Naughty 50- 大阪城ホール

5/7 斉藤和義
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 “風の果てまで” 名古屋国際会議場センチュリーホール

6/29 THE YELLOW MONKEY THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 日本ガイシホール

7/9 スピッツ
ロックロックこんにちは!20th Anniversary Special〜R² need U,I need U〜 大阪城ホール

8/21 THE YELLOW MONKY SUMMER SONIC 2016 東京

9/20 スピッツ
SPITZ JAMBOREE TOUR 2016“醒めない” 名古屋国際会議場センチュリーホール

9/21 スピッツ
SPITZ JAMBOREE TOUR 2016“醒めない” 名古屋国際会議場センチュリーホール

11/13 TRICERATOPS
TRICERATOPS ACOUSTIC LIVE TOUR 2016 名古屋ダイアモンドホール

11/28 スピッツ
SPITZ JAMBOREE TOUR 2016“醒めない” 長良川国際会議場

12/28 THE YELLOW MONKY
メカラ ウロコ・27 日本武道館
ライブビューイング 109シネマズ名古

【2017】

7/1 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 静岡エコパアリーナ

7/5 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 大阪城ホール

7/12 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 日本ガイシホール

7/13 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 日本ガイシホール

8/12 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” さぬき市野外音楽広場テアトロン

8/24 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 横浜アリーナ

9/15 Jamiroquai
日本武道館

10/1 スピッツ
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)

11/30 スピッツ
ロックロックこんにちは!Ver.21 〜EXPO2017〜 Zepp Namba

12/10 THE YELLOW MONKEY
THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017 東京ドーム

【2018】

3/18 スピッツ
エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY TOUR “THE FIGHTING MAN” SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!!~夢の競演~ さいたまスーパーアリーナ

4/19 草なぎ剛
バリーターク KAAT神奈川芸術劇場
Copyright ©  -- リズムhearts* --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR